私のお気に入りの頭痛薬はサトウ製薬のリングルアイビー 液体inカプセル。
リングルアイビー第二類医薬品で、用法用量を正しく守らないと危険です。

頭痛、歯痛、関節痛、神経痛、腰痛、生理痛、外傷痛などの他、悪寒や発熱の解熱作用があります。

サトウ製薬のリングルアイビー カプセルタイプ 2種類 sato-ringl01
リングルアイビーの公式サイト

普通の頭痛には通常のリングルアイビー(写真右)を使っています。
服用間隔は4時間以上空けて1日3回までです。
1回飲めばだいたい大丈夫です。

イブプロフェン 150mgが液体に溶けている液体カプセルなので効くのが早いです!
私にはタブレット(錠剤)タイプよりも合います。

閃輝暗点が始まったときはリングルアイビー200(写真左)を飲んでいます。
服用間隔は6時間以上空けて1日2回までです。
閃輝暗点が起きるとかなりキツイ頭痛が起こるので強い方を飲んでいます。
頭痛が起きる前に飲むので、キツイ頭痛は気にならなくて済みます。
それでも、半日は頭が重いのが残ってしまい、6時間経って残ってるときは弱い方を飲むことがあります。

リングルアイビー200はイブプロフェン 200mg含まれています。
こちらは強いので扱いには注意。気軽には使えません。

閃輝暗点とは目の一点がギラギラして、それが周囲に広がっていって文字が読めなくなっていきます。
目を閉じてもギラギラが残ります。
ギラギラが広がりきると激しい頭痛が始まります。
ギラギラの後に頭痛がしない場合は脳梗塞などの病気に繋がる可能性が高くなるようです。

私の場合は数ヶ月に1度の頻度ですが、1度起きると近いうちにまた起きることがあります。
考え事し過ぎとか、不安が強まったときとか、集中した後に起きやすいです。

【PR】楽天市場 健康エクスプレス:
頭痛・生理痛・歯痛・発熱によく効く リングルアイビー 36カプセル【第2類医薬品】
通常価格 2,400円 (税込) のところ 『税込 1,207 円(2013/06/27現在)』 送料別

【PR】楽天市場 健康エクスプレス:
【5250円以上で送料無料!】サトウ製薬 リングルアイビー200 24カプセル(1日2回タイプ)【第2類医薬品】
通常価格 2,184円 (税込) のところ 『 税込 1,596 円(2013/06/27現在)』 送料別

大容量タイプはネットで買うととても安いですが、地元の薬局で販売されている場合は、地元の薬局で購入して自分に合うことを確認してからにしましょう。

地元の薬局で売っていない場合は、割高でも信頼の高い薬局系のお店で小容量タイプを自分に合うか試してからにしましょう。
←この記事を評価する場合はこちらをクリック