一番効果が高いと感じるのがAFCRichルテイン

フリー体ルテインが25mg含まれています。

lutein001
ルテインが不足すると目のギラギラ感で頭が痛くなってしまいます。

日差しが眩しいと感じる、液晶モニターのギラギラがキツイ、眩しさで頭が痛くなる、という場合はブルーベリーよりもルテインです。

ルテインは紫外線や青色光を和らげる働きがあります。
目に入った紫外線の悪影響は身体全体に広がりますが、ルテインがそれを防止します。

液晶モニターを酷使する人は、ギラギラを抑える眼鏡や青色光を抑える眼鏡がありますが、ルテインを十分摂れていれば、そういった眼鏡を使わなくても気にならなくなります。

ルテインにはフリー体エステル体があり、効果が高いのがフリー体です。

エステル体は油物の食事と一緒に摂ると吸収が良いようです。フリー体は関係無く吸収されやすいです。

ルテインは体重kgに対して2倍mgまで摂取しても問題がない安全な成分です。
小柄な40kgでも80mg摂ることができます。

予防的には10~30mg、不調があるなら50mgぐらい摂ると改善しやすいです。

通常1粒なら、目の疲れが気になるときには5日ぐらい2粒にすると効果を感じやすいです。

サプリメントは品質が一番大切。その次に有効な成分の含有量と吸収されやすさです。

粗悪なサプリメントは、有効な成分よりも有害な添加物の悪影響の方が強くなってしまう物があるので要注意。

サプリメントを安さで選ぶくらいなら、サプリで摂らないで食事を気をつけるべきです。

ルテインも含めて、野菜を幅広く摂取すればバランス良く必要な栄養を補給できます。

食事で不足してる栄養を補助するのがサプリメントです。

成分量だけを強くアピールしているブランドものはお勧めできません。

販売戦略を重視してサプリの本質よりも商売に傾いてるメーカーはお勧めできないです。

個人的にサプリはAFCと小林製薬がおすすめ。複数の栄養素をまとめたビタミン剤などは全体の成分バランスを考え抜いて作られているので小林製薬が一押しです。

AFCのリッチルテインは90日分と30日分の2種類あります。リッチシリーズは質が良いのですが価格が高いのが難点です。

lutein002

AFCのブルーベリー&ルテインは1日分にルテインが2mgしか含まれていません。

小林製薬のルテインは1日分に10mgです。


←この記事を評価する場合はこちらをクリック