Canon EOS70DはEOS Kiss X2とは比較にならないほど撮影しやすい!

液晶がバリアングルで、タッチパネルで現在の設定を確認しながら設定を切り替えることが簡単にできます。
映りの善し悪しよりもまずは撮りやすさが最重要です。

新しく出たEOS 80Dでもマイナス要素は無さそうなので、これから買うならEOS70Dを更に使いやすくした80Dがおすすめ。
価格的には安くなったEOS70Dは狙い目です。予算がどうしてもというのでなければ80Dをお勧めしますけどね。

今年は綺麗に撮れたので壁紙サイズも載せました。

2016HANABI01
【PR】Amazon:Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D
【PR】Amazon:Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 EOS70D1855ISSTMLK

撮影に使ったのは、
カメラ:EOS 70D
レンズ:EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
三脚:SLIK U6600
メモリカード:SanDisk SDXC 64GB Extreme Pro 95MB/s


64GBのメモリカードは動画での撮影を加えても容量気にせずに使えて良いですね。
高速タイプなので運動会でのRAW連写も中断が短くて済みます。
海外輸入モデルを安く買うなら楽天の風見鶏がお勧めです。メモリカード類を安く欲しいときは風見鶏で買っていますが、今のところハズレなし。
海外輸入モデルは偽物の流通が多いのでお店の信頼度が重要です。
高価な大容量モデルや最新規格の場合はメーカー保証が受けられる日本国内正規品が安心です。
【PR】Amazon:SanDisk Extreme Pro SDXC UHS-I カード 64GB SDSDXPA-064G-J35
【PR】楽天市場:風見鶏風見鶏SDカード


今年はリモートスイッチを持ち出すのを忘れました。
花火のような長秒時露出はカメラを触らずにシャッターが押せるリモコンを使うのがぶれなくて安心です。
リモコンが無いときはシャッターボタンを力を入れずに真っ直ぐに押して指を離すことでブレにくくなります。
左手でカメラを押さえてシャッターを押すと、左手を動かしたときにぶれるので、シャッターボタンだけを軽く押すのがポイントです。
EOS 70D/80DはEOS Kissと共通のRS-60E3を使います。
ケーブル接続なので手が届くならカメラをどの位置に置いても構いません。赤外線タイプだとカメラ正面からしか使えないので注意。
【PR】Amazon:Canon リモートスイッチRS-60E3


至近距離なのでレンズは広角の10mmを使いました。
EF-S 10-22mmは保育園の中で至近距離で子供+サンタさんなどの撮影ができて重宝します。
室内撮影では手ぶれ補正がなくブレやすいのが難点です。
まあ、手ぶれを防いでも被写体ブレ(子供が動いてぶれるなど)がありますけどね。
今だと手ぶれ補正付きの10-18mmが安く発売されてるので画質優先で無いならそっちが良いです。
【PR】Amazon:Canon EFレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM デジタル専用 ズームレンズ 超広角
【PR】Amazon:Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM


EOS70Dには水準計が搭載されてるので、それを見ながら三脚の傾きを調整します。
SLIK U6600はレバーで長さを止められるので、斜面でも合わせやすいです。
今だとU6800になりますね。使いやすさ優先で安くて軽い部類の三脚です。風などでぶれないしっかり固定できる三脚だと2万円ぐらいの物になります。
【PR】Amazon:SLIK 三脚 U6800 3段 ファミリー向け三脚 101759
【PR】Amazon:三脚 一覧


花火の写真


ここに掲載した写真の撮影設定は、
ISO 160
絞り f8.0
露出 6.0秒
レンズ焦点距離 10mm (35mm換算 16mm相当)

スターマインなど短時間に明るくなる花火の場合は、絞り値を大きくしたり露出時間を短くすることで合わせます。
絞り値が小さく露出時間が長くなるほど、明るく白く写ります。
ISOは大きいほど同じ明るさで露出時間を短くすることができますがノイズが増えます。

壁紙サイズは横表示の1920x1200と縦表示の1200x1920にトリミングしました。

2016HANABI01_800
横 1920x1200 2016花火01
縦 1200x1920 2016花火01

2016HANABI02_800
横 1920x1200 2016花火02
縦 1200x1920 2016花火02

2016HANABI03_800
横 1920x1200 2016花火03
縦 1200x1920 2016花火03

イカダレース


SAKAITACHI01
SAKAITACHI02

今年はSAKAI・TACHIがなんかイイ!ほんわか和みます。

遠距離から至近距離に来るので、EF-S 55-250mmだと使いにくい、18-135mmが欲しいです。
望遠が足りないのは画素数が多ければトリミングでカバーできますが、広角がはみ出てしまうのはどうしようも無いです。

18-135mmはSTMとUSMの2タイプが発売されています。
便利ズームとして画角が欲しい場合は安いSTMを、高画質優先や電動ズームを使いたい場合は高価なUSMを選びます。
【PR】Amazon:Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM APS-C対応
【PR】Amazon:Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM APS-C対応

お祭りの山車


2016MATURI01
2016MATURI02

APS-Cサイズだと光量不足で難しい。こういう場面はフルサイズカメラが欲しいところ。
フルサイズはレンズも合わせるとAPS-Cサイズの2倍以上のコストがかかるので手が出せません。
←この記事を評価する場合はこちらをクリック