au Xperia XZ SOV34のカメラ機能を使って写真を撮ってみました。

SOV34_photo_001s
SOV34 写真 20MP 4.37MB
Xperia XZのカメラは昔の薄型コンパクトデジカメよりも随分写りが良くなっています。
AQUOS Phone SERIE SHL22よりもはるかに良いです。

逆光なので角度によっては日射しが掛かってダメでしたが、手間を掛けないでサクッと撮影できる「プレミアムおまかせオート」でそれなりに撮れました。

開放絞りでF値が低いので、ピントを合わせた箇所以外がもやっとしてしまうのは仕方のないことです。
センサーやレンズが大きくて、光学ズームや絞り調整が使えるデジカメと比べるとまだまだ差は大きいですね。

それでもLINEとかで見せるには十分使える画質になっています。

画像のリンクはau Xperia XZ SOV34で撮影した無修正のオリジナル画像です。
ファイルサイズがかなり大きいので、通信量の制限にはご注意ください。

葉っぱがもやっとしてる理由には、大きな解像度でファイルサイズを抑えるために圧縮率が効いているのではという気がします。
解像度は高いのですが、50%に縮小すれば使える画質です。25%に縮小すれば割と良い画質だと思います。
ちなみに、4Kモニターには830万画素、FullHDには200万画素の撮影モードで良いことになります。
Xperia XZの撮影解像度は4種類あり、センサーサイズの23MPと16:9に切り取った20MPの他、4K表示の3840x2160の8MP(16:9)と3264x2448の8MP(4:3)が選択できます。

有効画素数は2300万画素(23MP 4:3)ですが、2020万画素の一眼レフとは比べるまでもないので、通常の撮影解像度は8MPの4:3か16:9をメインに使った撮影で十分です。
光学ズームがないので、小さな領域をトリミングして使いたい場合は23MP(4:3)か20MP(16:9)で撮影して切り取るのは”あり”だと思います。

SOV34_photo_003s
SOV34 写真 オリジナル 20MP 4.01MB

菊の花の色合いは素晴らしいのですが、手前の葉っぱのもやっとした感じと、影らしき部分の緑色が不自然になってる気がします。

SOV34_photo_002s
SOV34 写真 オリジナル 20MP 9.79MB

順光で撮影すると、ある程度縮小すれば申し分ない画質ですね。
”特に補正せずとも見た目通りの素晴らしさ”といった感じになっています。

スマホの写真で大きな用紙に印刷したりはしないので、スマホやテレビとL判写真用紙の大きさで綺麗に見えれば十分です。

逆光での失敗写真です。レンズフードがないので仕方ないですね。
SOV34_photo_004
SOV34_photo_005

【PR】楽天市場:【ラスタバナナ】の飾り屋Xperia XZ 対応アクセサリー
【PR】ボンマルシェXperia XZ 対応アクセサリ
【PR】Amazon:Xperia XZ 関連製品
←この記事を評価する場合はこちらをクリック