セキュリティ・スタンプとは郵便物などを捨てる前に宛名などを読めなくするスタンプです。

インクの違いから読み取ろうとすれば分かってしまうので、絶対に見られたくない場合はスタンプのあとにハサミで細かく切り刻む必要があります。

ここでは「プラス」と「コクヨ」のセキュリティ・スタンプを比較します。
PLUS 早撃ちケシポンワイド IS-250CM ホワイト
PLUS 個人情報保護スタンプ 大きな文字用ローラーケシポン IS-500CL レッド
KOKUYO セキュリティローラースタンプ〈かくしタロー〉IS-R25D 黒

securstanp_001

セキュリティスタンプ 3種類の比較

この3種類の中では「コクヨ」と「プラス」では「プラス」がとても使いやすいです!

プラス」はインクが薄くなったらスタンプのカートリッジを交換。
コクヨ」は補充インキで薄くなったところにインクをしみ込ませて使えます。

securstanp_002
securstanp_003

セキュリティスタンプ それぞれの特徴

PLUS 個人情報保護スタンプ 大きな文字用ローラーケシポン IS-500CL

IS500CL_001
IS500CL_002

大きな文字を隠すのに最適な、大きな文字用のローラータイプです。

ローラー部分を取り替えることでインキの補充が不要。かすれにくく使いやすい。上からポンと押すことでローラー部が下に飛び出すので、手が汚れずに使えます。ローラーの文字は大きなアルファベットです。

交換用スタンプはローラーのスタンプがカートリッジになっています。IS-007CLで400円ぐらいです。

KOKUYO セキュリティローラースタンプ〈かくしタロー〉IS-R25D

ISR25_001
ISR25_002

日本語を隠すのに最適なローラータイプです。

向きがバラバラな漢字・かな・数字が混ざっており日本語の宛名などが隠れやすいです。

ゴムが柔らかく、インクが濃すぎて潰れたりかすれて薄くなってしまうのが難点。薄くなったら自分で補充インキを使ってゴムにしみ込ませる必要があります。使うときにはカバーを開く必要があるのですが、手が汚れやすいです。

補充インキIS-R100300円ぐらいです。ローラーは交換せずにインキの補充だけで済むのですが、取り扱い店舗が少なくて手に入れにくいのが難点。均等に適量でインクをしみ込ませるのが難しい。

PLUS 早撃ちケシポンワイド

IS250CM_001
IS250CM_002

Amazonの宛名を隠すのにちょうど良い使い心地。

ローラーを転がすよりも早いですが、隠したい面が平らでないとインクが乗らずに隙間ができてしまいます。

上からポンと押すだけでスタンプが回転して下に接触します。手を離せばスタンプが上向きに隠されて奧に移動するので汚れません。

交換用スタンプIS-006CM400円ぐらいです。

←この記事を評価する場合はこちらをクリック