スマホをQC3.0対応の「Xperia XZ」に機種変したので、モバイルバッテリーも新しいのを購入しました。

anker1704_002

Anker PowerCore Speed 10000 QC」 は10000mAhの大容量バッテリー搭載でQC3.0の充電に対応しながらも小型で安全重視の設計となっているモバイルバッテリーです。

QC対応は充電が早くてホント良いですね。

ANKERが一番安心

バッグに入れて持ち出すようにケーブルとUSB-C変換アダプタも新しいのを購入しました。

  • モバイルバッテリー:Anker PowerCore Speed 10000 QC
  • 充電ケーブル:Anker PowerLine+ Micro USBケーブル 0.3m
  • USB変換アダプタ:Anker USB-C & Micro USB アダプタ

充電器やバッテリーは安全設計を重視した高速充電対応で、ケーブルは断線しにくく丈夫でありながら固くならずに取り回しがしやすく、アダプタはケーブルコネクタよりも薄い形状でした。

anker1704_001

waves QC3.0 USB チェッカー (USB Safety Tester)

動作確認と測定にはAmazonでwavesが販売しているQC3.0対応のUSBチェッカーを使っています。電圧と電流の表示以外に、電気が流れているときの時間や電流量がリセットするまで継続できる優れものです。wavesからの販売品では向きを変えるためのUSBケーブルと日本語簡易解説書が付いてきました。

wavesUSBcheck_001
付属のUSBケーブル使うと反対方向に差し込むことができて、表示を逆向きにしたいときに使います。
wavesUSBcheck_002
wavesUSBcheck_003

Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0

QC3.0対応のUSB充電器。
コンセントに差し込むことでUSBポートから充電が可能です。コンセントはAC100-240 Vに対応しています。
QC3.0対応ポートとPowerIQポートの2ポート接続が可能です。QC非対応機器でもQC3.0対応ポートからの充電が可能ですが、PowerIQポートを使うことで5Vでの充電が早くなります。

AnkerQC3_1611_02

ANKER姉妹品について
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0
QC3.0ポート 1 と PowerIQポート 1
PowerPort+ 1 Quick Charge 3.0 & PowerIQ
QC3.0とPowerIQに対応しているポート 1
PowerPort Speed 2 Quick Charge 3.0
2つのポートともQC3.0、PowerIQ、VoltageBoostすべてに対応。

Anker PowerCore Speed 10000 QC

Amazonで価格は2,999円でした。

3月31日にこの製品が1,799円というタイムセールがありました。その前に持ち出したかったので、セールが分かっていたとしても待てませんでしたけどね。

anker1704_003

充電のためのmicroUSBケーブルと持ち出せる収納袋が付いています。
anker1704_004

Anker PowerCore Speed 10000 QC」はQC3.0対応で10000mAhの容量があります。

バッテリー容量が2900mAhのスマートフォン 「SONY Xperia XZ SOV34」で検証したところ、10%から100%までを2回充電することができました。持ち出すにもコンパクトながら十分な容量で安心です。

Xperia Xへの充電に掛かった時間10%から60%までは48分90%までが1時間38分100%までが2時間26分でした。

端末への出力充電はUSB-Aを、モバイルバッテリーへの入力充電はmicroUSBで接続します。
anker1704_006

QCは容量が少ない時は高い電圧で素早く充電されます。90%を超えると普通の充電と変わらずに負担が掛からないようにゆっくりとした充電になります。

4段階のランプは暗めの青色です。明るい場所だと分かりにくい暗さです。
anker1704_005

スイッチは容量を表すランプの点灯のみで、出力のON/OFF切替はありません

スマホの充電が100%になっても、スマホが電気を吸い出してる限りオフにはなりません。

Anker PowerCore Speed 10000 QC」自体の充電は5V/2Aです。QC3.0対応の充電器に接続しても充電が早くはなりません。モバイルバッテリーの充電バッテリー切れから満充電までは5時間7分でした。

Ankerは他社よりも価格が高めですが、安全回路などがしっかりしているのでスマホ周りはAnker製品ばかりになってきました。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 」は、Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostを搭載しており、QC非対応の通常のUSB充電機器にも安全に高速充電が可能となっています。小型ながらも安全重視の設計がされており、温度管理テクノロジーにより発熱による劣化や膨張を抑えて充電してくれます。

容量が2倍の20000mAhの「PowerCore Speed 20000 QC」も販売されています。

Anker PowerLine+ Micro USBケーブル 0.3m

モバイルバッテリーと一緒に持ち出すのにちょうど良い長さのケーブルです。
anker1704_007

2重に編み込まれた高耐久ナイロンで柔らかく曲がります。内部にはケブラー素材が使われており、曲げても断線しにくい設計です。コネクタはレーザー溶接で繋げられているので、接触不良や断線しにくいが柔らかくて使いやすいケーブルになっています。

AmazonのAnker Direct 販売では18ヶ月保証も付いて安心。信頼の高い設計になっていても製造不良がある程度は混じってしまいますからね。運が悪いとそういうのに当たって、メーカーの嘘つき!ってなって仕舞いがちですが、たとえ高いコストを上乗せして全品検査してから出荷したとしても、流通過程で劣化してしまうことがあるので完全に防ぐことはできないのです。

0.3mの短いケーブルですが結束バンドが付いているので、バッグの狭いポケットにも整頓して入れておけます。結束バンドはバンドを止めないときでもケーブルを中に通しているため、外そうとしなければバンドを単独で無くしてしまうことがありません。良く工夫されています。

私が選んだ0.3mグレー色の他に、0.9m/1.8m/3.0mの長さにレッド/ゴールド/ホワイト色も選べます。

Anker USB-C & Micro USB アダプタ

MicroUSBをUSB-TypeCに変換するためのアダプタです。
USB-Cタイプのスマホを接続するのに使います。

anker1704_008

この製品は他社製より薄い!ケーブルに接続したときにコネクタの厚みが出っ張らないどころか寧ろ下がるほど薄いです。ただ、ANKERの文字が書かれてる面が逆ですね。ケーブルのマークが付いてる方に文字が来る方が差し込む向きを間違えなくて良いと思う。

ANKERとTronsmartの比較写真
anker1704_009
anker1704_010
ロゴが書かれている面が逆側になってます。

黒色の他に白色タイプもあります。

←この記事を評価する場合はこちらをクリック