IBS-TH1 MINIはスマホのアプリで温度と湿度を管理できる温度計(温度ロガー)です。

電波が強いわけでもないのに他のBluetooth機器よりも遠くで簡単に繋がる優れものです。その代わりペアリングも無く、同じアプリを使うと誰にでも見えてしまいます。庭の温室に置いて家の中で確認することができます。

engbird_0001

IBS-TH1 MINIについて

IBS-TH1 MINI」は小さな本体にセンサーが付いてて電池がCR20321つで動作します。置くだけでそこの温度を送信してくれます。温度と湿度の確認はスマホのアプリを開くことで表示します。

ibsth1mini_0003
ibsth1mini_0004
ibsth1mini_0002

IBS-TH1」は外部センサー付きで、土の中や水温を計ることができます。

IBS-TH1 PLUS」は外部センサーと液晶表示付で、スマホを使わなくてもその場で温度と湿度を確認することができます。

アプリは日本語の取説にAPP STOREとGoogle PlayのQRコードがあるので、そこからダウンロードに飛べます。

サンプリング(データの保持)は3万ポイントで、1分間隔なら約20日間分が本体のメモリに記録されます。

アプリの「Engbird」は日本語表示にも対応。温度は°Cと°Fに対応。サンプリング間隔の設定が可能。その温度計に名前とアイコンを付けて複数管理が可能。指定の範囲で温度と湿度をアラームで通知することが可能(通信状態じゃないと変動が判別できないのであまり使えない)。

engbird_0003
engbird_0002

グラフは「日/週/月/年」で表示を切り替えることができるので1日の変化だけでなく長期的な変化も確認しやすいです。

engbird_0004
engbird_0005

Engbird」を開いて温度を取得できない場合は、一度「図表(履歴データ)」を開いてから戻ると通信してくれます。通信トラブルはスマホの省エネ設定やBluetooth通信の機能に依存します。

IBS-TH1 MINI」は結構遠くでも通信できますが、車の中など金属で遮断されてしまうと電波が外に出なくなります。家の中でも途中に冷蔵庫などを挟んでしまう場合も電波が届かなくなります。

直射日光が当たる場所に置くと、気温では無く本体の温度になってしまうので、陰に置きます。

電池は温度が低くなると電圧が下がって容量が少なくなったように見えますが、温度が上がると回復します。

電池のCR2032はPanasonicが長持ちするのでおすすめ。安ければ日立maxellもいいです。安い電池は安いなりで保たないので注意。Panasonic製でも倉庫で長く放置されて自己放電が進んだものだと保たないです。あまりに安い場合は疑いましょう。

cr2032_001

IBS-TH1 MINI」にはCR2032が2個付属していました。

ibsth1mini_0001

←この記事を評価する場合はこちらをクリック